本文へスキップ
 婚活検索サイト 体験談&攻略法&比較
      アラフォーバツイチの管理人も現在、婚活奮闘中 

トップ 婚活取扱い説明書 婚活攻略法 プロフィールカードの書き方
アラフォー
婚活体験談
知っておきたい
婚活データ
モテる法則 ドン引きした
婚活女性
婚活男性
ファッション
婚活日記
(アメブロ)
アドスの会
婚活・恋活企画
 

全国婚活MAP

5月6日(水・祝) JR京都駅付近で開催



知っておきたい婚活データ 一覧

恋人との出会いのきっかけ 1/2


ブライダル総研の2013年恋愛観調査
(集計数2,352人 20歳〜49歳までの未婚の男女)の中で、こんな項目がありました。

「現在の恋人との出会いのきっかけは?」

彼氏・彼女がおられる方はどこで出会いましたか?
また、彼氏・彼女がおられない方は、これからどこで出会いますか?
どのような出会い方が恋人を作りやすいのでしょうか?

結果はこちら!

 1 同じ会社や職場  19.8%
 2 友人の紹介  15.5%
 3 サークルの趣味・習い事の活動を通じて  13.9%
 4 同じ学校やクラス  13.0%
 5 インターネット  11.4%
 6 同じ会社や職場ではないが、二人もしくはどちらかの仕事やアルバイトを通じて  11.0%
 7 街中や旅先で  5.7%
 8 イベントやパーティーで  3.9%
 9 幼なじみ・近所  1.4%
 10 家族や親戚の紹介 0.6%
 11 お見合いや結婚相談所  0.5%
 12 その他  3.4%

仕事仲間や、学校の仲間など、日々ともに過ごせる場所での出会いが多く見られます。これは、結果を見る前から予想が出来ていました。

しかし、真逆の位置にある友達の紹介(いわゆるコンパ)やインターネット、街中や旅先(いわゆるナンパ)、イベントやパーティー(婚活パーティーなど)など、相手のなにも知らないところから恋人になるケース
これを合わせてみますと、
37.6%

全体の4割弱になります。

職場に良い人がいない、男の職場・女の職場だから出会いがない。
こういった心配はもう無用です。

どんどん出会いの場に積極的に参加する事が恋人を作る近道のようで。
ところで、恋人のいる人って全体の何割いるのでしょうか?

次のページにつづく...(恋人のいる人って全体の何割?)


 

前ページ 次ページ

ナビゲーション